2010年3月29日月曜日

ホームステイ先へ移動



首都での表敬訪問が終わり、語学学校に行くために首都から20kmくらいの町Itaguaに移りました。ニャンドゥティという民芸品で有名な町です。しかし、首都から30分くらい行っただけなのに、ものすごく小さな町です。人口3.5万人くらいらしく、大きなスーパーも去年できたばかりとのこと。

ここで、ホームステイをしながら、三週間、語学研修です。ホームステイは10年ぶりぐらいです。土曜日に移動し、土日はやることもないので、道端でテレレしました。テレレというのはお茶の葉を水で濾して飲むもので、そこらじゅうでこれを飲みながら、だべってます。2時間でも3時間でもだべってます。こんなにゆっくりとした時間を過ごすのは久しぶりです。こちらに話かけてくることはともかくとして、パラグアイ人同士が話していることは、基本的にほとんど聞き取れません。たぶん徐々によくなっていくんだろうな・・・。

それにしても秋だってのに暑い。でも、冬は気温が一桁台まで行くらしいので、任地に行ってからはけっこう大変かも。

2 件のコメント:

  1. ぴでー!
    パラグアイ楽しそうだねー!ホームスティはどう??
    私は早速体調崩しとるぞーー。。でもボリビアいいとこばい。

    返信削除
  2. おおー、でめ。ボリビア情報でめ、でめ、ぽるふぁぼ~る。ホームステイ、何言っているか分からなすぎて、ギャグを言う余裕すらない。早く、Chisteをマスターして、日本のように笑い取るぞ。お大事に!

    返信削除