2010年4月28日水曜日

ハッチー

今日、任地の村に移動する・・・予定でしたが、村に続く土道の状態が悪く、4WDでもたどり着けない可能性があるので、もう一日配属先の市街地でもう一日滞在することにしました。

その代わりに、養蜂を見に行きました。前任者が蜂アレルギーで気絶した養蜂です。農作物に比べると、手間がかからず、需要も高く、収入向上には可能性の高い事業なんだそうです。

ひまわり畑の真ん中にある養蜂している場所に着くなり、上半身宇宙服のような防具をつけ、靴下二重重ねし、いざ出陣。まるで、生まれて初めてジェットコースターに乗るときのような気分でした。燻製にせんばかりの勢いで煙を浴びせ、蜂の活動を弱めながら、養蜂の箱を確認。奇襲攻撃にあった蜂が荒れ狂い、羽音を立てて、襲ってきます。ミツバチハッチーのかわいさのかけらもありません。既に頭は、蜂だらけで、防具なしでは、文字通り蜂の巣になっていたところでした。しかし、ひるむことなく箱を確認し、2時間後に試合終了。無事収穫物をトラックの荷台に載せ、蜂のいないところまで移動。終了し一安心した、その時。耳元でささやきが。というか羽音が。防具の中に侵入者あり。顔の前で蜂が動き始めました。しかも防具の中なので出れません。こち亀のボルボ西郷なら錯乱しているところでしたが、冷静に防具の上からひねりつぶしました。侵入者を退治に、無事に帰還しました。

なぜか最近、パラグアイ人に(外見が)パラグアイ人みたいだな、と言われます。

3 件のコメント:

  1. 服の中の蜂をつぶすとは、なかなかやるな。

    こっちも外見はイスラエル人かって言われたよ。

    髭もじゃで肌白めで民族衣装着てるからまぁ、そんな感じです。

    返信削除
  2. 無事の帰還、何より。
    格闘の末の蜜の味は、格別だったことでしょう・・・

    私は、ホームステイした家の人にロシアとのハーフかって言われたよ。道産子だし色白だからだと思いますが。。

    ヒデ、パラグアイ紙幣の肖像画に似てる有り難~いお顔だからだよ。現地化早っ(笑)

    返信削除
  3. かわらおを、確かにひげの濃さで言ったら、中東に負けてないよね。もじゃもじゃ感といい

    なんとも、いい経験でした。確かに、白いよな~。ネパールでがっつりガン黒になってきて

    返信削除