2010年5月10日月曜日

グアラニ語




任地に到着してから2週間が経とうとしています。前任者の引継ぎ書にも助けられ、少しずつ村の状況を把握しつつありますが、プロジェクトを立ち上げるには、まだまだ分からないことがたくさんあります。小さな村と言えども、まだまだ回れていない家がたくさんある。いろんな家を回って話をして情報を集めるのは、まるでドラクエ状態です。レベルアップするには実際にプロジェクトを立ち上げるしかなさそうです。

日中は人影がないような家もあるので、集いをうまく利用して人を知れたらいいかな、と思います。先日、地下水使用に関する集いに参加したんですが、現地語で話が進むので、現地語がわからないと、会議の内容が分かりません。一対一で話をするときはスペイン語ですが、パラグアイ人同士はグアラニ語。とりあえず、グアラニ語を勉強するためと、子供たちと触れ合うために中学校に通うことにしました。グアラニ語の授業がある火曜日と水曜日は、中学生と机を並べて、グアラニ語の勉強。といっても、授業は全く分からないので、他の生徒が問題を解いている間に、先生にいろいろ聞いて、あとは暗記。パラグアイ人を喜ばせる程度の片言のグアラニ語から、日常会話ができるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。なんとか活動が具体的になる前にマスターしたいです。今のところ、日常会話はスペイン語。

暗くなるまで外回りしてたら、夜ホタルが飛んでいました。電灯も少ないから、星もきれいで、自然を堪能しながら帰りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿