2010年5月19日水曜日

ベッドの中



南米といったら、常夏のビーチとラテンのノリか、と思いきや、最近冬が近づいてきてものすごく寒い。しかも、こっちの家はたいてい夏仕様なので、寒さがもろ室内までしみこんできます。みんな家の中でもコート着ています。自給自足に近いロハスを地でいっているので、暖房も電気代かかるので使いません。強いて暖かい場所と言えばベットの中。誰も強制しないし、朝目覚めて、洩れなくそのまま午前中いっぱい寝たくなります。さらに雨が降ると、路面がドロドロだし、学校も休みになっちゃうぐらいだから、家でゆっくりしたい、とかなり思う。

プロジェクトを立ち上げるまで具体的な仕事もないし。ネットも基本的に使えないし、テレビも元々あまり見る習慣もないので、本当にやることが限られています。たまに夜な夜なソリティアをやったりもしますが、こういう状況だと、日本にいた時よりもかなり考える時間が多いです。訪問時の会話をメモって、ひたすら考える。自分の中で浮かんできた疑問を解決するために、アイデアを具体化するために、また話をして。農業の知識も畜産の知識も全然ないけど、現地の人とは違う環境で生きてきた人間から見て、矛盾する点があるはずなので、そういったところにヒントがあるはず。訪問するたびに、新しい気付きがあるので、まだまだ足を使ってなんぼです。行く先々でテレレ(お茶)しているので、頻尿になるのは仕方ない。

0 件のコメント:

コメントを投稿