2010年7月2日金曜日

パラグアイサッカー



FIFAランキングでも日本よりパラグアイの方がうえなので、パラグアイの方が技術的に上なのは当たり前ですが、それでもボールのキープ力とドリブル力は日本も悩まされました。

普通の遊びのサッカーでも、ドリブルでどれだけ抜けるかを競っているような感じです。しかも、足元の技術の前にまず体を入れる。かなりピンチにならない限りパスは出しません。そして、ディフェンスはおもしろくないので、けっこう適当。攻めている時は、何人残っていても、味方の選手は一人しか残ってません。

もちろん、真剣勝負の時はまた違うでしょうが、こういうところから、Nelson Valdezのようなフィジカルに強く、ボールをキープできるFWの選手がうまれるんでしょう。あのがたい、サッカー選手じゃないでしょ。

ちなみに身の安全を考え、日本対パラグアイ戦は家で静かに見ましたが、ホストファミリーの奥さん、あまりに興味がないのか、見ながら寝てました。旦那も近くの街に行っていて、全く見てないみたいだし、こういう人もいるんだなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿