2010年7月19日月曜日

笑えないくらいスベる



ここ最近3週間くらい雨が降らんなあ、と思っていたら、いきなり寒くなり雨の日々が続いています。そして、亜熱帯気候でありながら、霜がおりました。パラグアイ全土で200頭の牛が死亡し、日本の新聞にも記事が載ってたみたいです。日本の冬ほどは寒くないですが、こっちは室内も外と同様に寒い。寒さから逃げるところがないのは、慣れないと、想像していた以上に体に堪える。下は、靴下2枚重ね、ハーパン、ジャージ、ジーパンの3枚重ねで乗り切ります。
それはいいとして、前も書いたけど、雨が降ると完全に村に閉じ込められます。4WDなしでは脱出できません。4WDは後輪が滑ってくるくる回りながら進み、2輪駆動車は見事にでこぼこにはまり、4WDが通るのを待つのみ。待っている間も、後ろから押して脱出を試みるものの、全然駄目。押している人も、まともに歩けないくらい地面が滑るので、まるでお笑い番組で上島竜平と出川哲朗がこけて笑いを取ろうとしているくらいスベル。
そんなことはつゆ知らず、雨が止んで一日くらいたったし、スピード出さずに行けば大丈夫だろう、と思ってバイクを走らせました。が、半分くらい行ったところで道が急に悪くなり、5回くらいこけた後に、国道近くでついに動かなくなりました。クラッチを使いすぎて、クラッチパッドがご臨終。身動きとれず、友達に救出してもらいました。いや~、あそこまでひどいとは想像を絶する。今後は雨の日はプリズン・ブレイクせずに、静かに村に留まります。

0 件のコメント:

コメントを投稿