2010年10月30日土曜日

ヘビ

夜な夜なと言っても8時くらいですが小学校の校長先生から電話がかかってきました。校長と言っても、ファーストネームで呼んでいるし、どちらかというと近所の友達みたいな感じ。「近所の家で夕飯を食おう」ということで、特にやる事もなかったので、その近所の家に行きました。すると何故か他の近所の人も集まっていて、アサド(焼肉)でもやるのかな、と思ったら、「これを見ろ」というので、そちらを見ると、蛇の死体でした。しかも、けっこうでかい。巻尺で計ると全長1m20cm。蛇はよく出るらしいが、このサイズはあまり見かけないという事で、近所の人も見にきてたみたい。というか、家の人、近所の人にかたっぱしから電話してんじゃん。なんでも、子供が川の近くに行った時に見つけて、父ちゃんが殺したとのこと。

家に帰って、家の人に話をすると、「ああ、この辺りじゃ、よく蛇の毒で人が死ぬからな」って、そんなあっさりと言うことじゃないでしょ。しかも、「その蛇は、黒だった?黄色だった?」え、黄色の蛇もいるの?いや~気持ち悪い限りです。今後は、畑や林に入る時は、ビーサンではなく、長靴をしっかりと履きたいと思います。熱帯地域の夏は、蛇に限らず、いろんなグロテスクな生物がいるので嫌です。

翌日、解体後の蛇を思わず記念撮影。



おれも捕獲してないのに記念撮影。

0 件のコメント:

コメントを投稿