2010年11月20日土曜日

Karate

足の調子が悪くてしばらく延期していましたが、今週空手の授業を始めました。と言っても、大学の時に一年半空手をやっただけなので、技術的にはたいしたことは教えられません。暴力的なことを教えないでくれ、とPTAから苦情が来るかもしれません。しかし、特に子供たちには、空手を通して精神的なものを学んでもらえたら、と思います。

まず、細部までこだわり、技術向上のために努力すること。基本的な突きと蹴りは、大して種類があるわけではないのですぐに覚えられます。しかし、いかに完璧に近づけていくか。細かいところまで追求するか。それによって、少しずつ技術が向上していくのです。3段になっても5段になっても、基礎の練習を欠かさない意味を知って欲しい。現実世界に出て働くときも、最初から順風満々でいくわけがない。現状維持は衰退につながり、他人と自分を差別化することによって付加価値がつく。しかしながら、自分と同じような技術・経験を持った人はたくさんいる。その中で、差別化していくには本当に細かい部分、100あるうちの1かもしれない。それを怠らずにできるかどうか、で決まってくるケースが多い。
 

次に、規律。練習を始めるとき、終わるとき、礼をする。練習をするために一列に並ぶ。練習の合間にうろちょろしない。カウントに合わせてストレッチをする。日本では当たり前のことですが、これが以外に難しい。通常の授業でも、教室への出入りは自由、席から立ち上がり友達にちょっかいをだすのは普通。そんな自由な環境で育つせいか、村の中には組織が作られては消滅し、結局、個人の限られたキャパシティの中でしか成長できない。

そして、集中力。上記と同じ理由で、すぐおしゃべりをする。すぐ友達とじゃれあう。練習をしていく中で、間髪をいれずに次から次へと練習メニューを組み込み、その中で、練習に集中させたい。高校へ進学する生徒が多いようなので、一定時間集中して勉強する力を身につけて欲しい。

まだまだありますが、村で暮らしていて感じるのは、中長期的に見て、収入を向上させるにあたって必要なものは技術ではなくて、意識を変えること。ロバート・キヨサキやマイケル・ボルダックではありませんが、精神的な部分が人生を形作っている部分が大きい。だから、高価な設備を投入する「箱物の援助」はたいていうまくいかない。ただ、自分自身もそうだが、意識を変えるのは難しい。だから意識を少しずつ段階を踏んで変えていくツールとして技術投入と組織化を行う。人生これからの若者たちには、技術よりも精神性を育くんでもらいたいと思います。偉そうな事をほざいてしまいましたが、自分も一緒に学びたいと思います。

2010年11月9日火曜日

馬遺苦



6月末に125ccブラジル製ヤマハのバイクが来てからというもの、自分でかなりいじりました。日本ではスクーターすら乗ったこともなく、教習所では無免のはずのやんちゃな10代に周回遅れにされそうになりましたが、そうは言ってられません。修理工も20kmくらい行かないとないし、預けるのはいいけど、村行きのバスは1日2便しかなく、さらに故障して運行していないことの方が多い。バイクに詳しい友達にいろいろと電話で教えてもらい、調整していました。部品もいろいろと交換しましたが、次々と問題が発生するので、ついに交換となりました。

再び125ccヤマハ。到着したバイクのエンジンを始動させると、虫の息。すぐ止まりそう。今日は雨ということもあり、午前中はバイクの調整をしました。まず、チェーン。乾ききってるし、さらに伸びきってる。オイルを塗って、さらにチェーンを締めました。そして、次はエアーフィルター。一本のねじがのねじ山が完全に潰れてましたが、ドライバーなしで手で開けられました(!)。そして、エアーフィルターを洗剤をつけて洗い、陰干し。その後、キャブレターを開けて中を掃除。キャブレターを固定している部品が一本わけのわからないプラスチックで、全く機能していないのにびっくり。また、ガソリンタンクのコンクを止めているのにもかかわらず、ガソリンがもれてくるというアクシデントに見舞われながら、二回目で完了。バッテリーも蒸留水が全然入ってませんが、蒸留水は市街地に行かないとないので、パス。オイルを確認すると、これも半分くらいしか入ってなかったので、ついでに全部交換。

と、できることは一通りやりましたが、キャブレターのガソリンの配給量を調整するネジが硬すぎて、調整できませんでした。そして、ガソリンタンクの中がさびてるし。現状、125ccなのに時速60km以上は出ません。ついでに前ブレーキのレバーが折れてるし。いっそのこと、移動は馬でいいんじゃねえか。そんなバイクで両側延々と南米の畑の道を走っていると、チェゲバラのモーターサイクルダイアリーを連想させます。

2010年11月4日木曜日

村人の夢

夕方に家に帰ると近所のおっさんが遊びに来ていたので、お茶をしながら、政治の話などをしました。市長選挙が近いので、今の話題は大方選挙です。代々赤党が市長を選出してきたわけですが、大きなお金が動く一方で多少なりともポケットにお金を入れていて、だから予算が足りないんだ、と嘆いていました。話題は、近所の住民組織に移り、政府の支援を受けるのはいつもその組織である一方で、目先の事ばかりで長期的な視点で計画を立て、実行していくことがない、とのこと。その住民組織は村で一番古い組織で、さまざまな問題を抱えつつもやってきていて、周りの人間から見れば、僻みもありつつ、外から見ている分問題がクリアに見えてくるのかもしれません。そのおっさんもその住民組織に所属していたが、発展していく望みがないので辞めたとのこと。

住民組織に関わらず、パラグアイの組織は、とにかく組織力、運営力に欠けるということで、J○CAも、支援内容の三本柱にその改善を掲げるほど。結局、いい意味では強欲ではなく、悪い意味では成長意欲に欠けるお国柄のせいか、組織として大きな目標を達成するために、意見を一致させて前に進むということができない。

そのおっさん、最後に、「この村には農協が必要だ」と熱く語って帰っていきました。日本で農協と言うと、あるのが当たり前のような存在ですが、パラグアイでは農協がかなりの力を持っていて、その横のつながりを利用するためには農協を設立しなければならない。一方で、政府に認定された農協を設立するためにはさまざまなハードルがあるようだ。