2011年7月25日月曜日

最近の活動


菜の花畑


帰国後のことが気になる最近ですが、それはさておき、久しぶりに活動の話を。

養蜂の組織は昨年末から今年の初頭にかけて、いろいろと整えて組織っぽくなってきました。4月頃、初年度としてはけっこうとれて、まずまずというところ。今年はパラグアイ全土で蜂蜜の生産がいまいちだったのも助けて、速攻で売れていきました。そして、今はパラグアイは冬で、蜜源があまりないので、基本的には蜂蜜の生産は出来ず、週1で餌やりをする程度。

巣の大きさを縮小するために取り除いた巣枠


そういう期間を利用して、会計の仕組みを整えたり、生産計画を立てる、というようなことを企んでいました。が、現状の生産量と組織規模では、住民の必要性を引き出すことができず、結局頓挫。「必要性に迫られてからやるようでは、グローバリゼーションの荒波の中で生き抜いていくことはできない!!」ということは、一般の経済活動から半隔離されたロハスなこの村では通用しません。なので、最近は養蜂に関しては、限られた残りの蜂蜜を用いて販促を少々やる程度です。あとは蜂蜜派生商品の試作品作り。

試作品のためにプロポリスを溶解中


一方で、近所の若者と野菜作りをしています。以前に、生まれてこの方、畑仕事と言ったら小学生の時の芋ほりぐらいしかしたことがなく、野菜を植えても、雑草と野菜の芽の区別がつかないレベルと言いました。村の人の方が自分の10倍くらい野菜に詳しいんじゃないかと思います。最初は、新規野菜の導入と商業ベースの生産展開を掲げてやっていました。が、新規野菜は、今までなかった野菜だけあって、栽培が難しい・・・。白菜を植えたら、数日で虫が数百匹群がり、すごいことになっていました。商業ベースでの生産は昔やっていたけど、重労働の割にあまり儲からないので止めたらしい。

と言うわけで改めて焦点は2つ。堆肥利用の促進とパラグアイに元々ある野菜作りの多様化。堆肥作りに関しては、落ち葉と牛糞をミックスして作った通常の堆肥とミミズ堆肥を作っています。こんな感じで。

ミミズ堆肥を作る場所を確保中


通常の堆肥


ミミズ堆肥は、半無限にある牛糞をわんさか使っているので、酒池肉林状態の環境でミミズはしこたま卵を産んでいます。最近僕は、牛の糞を恐る恐る手で触れるようになりました(笑)通常の堆肥は、寒い日に切り返すとゆげがでて、白いカビが生えているので熟成はうまくいっている様子。そして、肝心の野菜に関しては、苗床と育苗箱を利用して、いろいろな苗を試し作りし、その後植え替え。今まで、白菜、キャベツ、レタス、ほうれん草、紫レタス、ブロッコリー、かぼちゃ、ピーマン、きゅうりを試しました。

苗床と育苗箱


まだまだ菜園にはスペースが有り余っていて、堆肥が足りない状況なので、どんどん堆肥を連続的に作って、試していきたいと思います。

ちなみに今週は雨でずっと出来なかった植林のために、苗木を村に運んできます。

0 件のコメント:

コメントを投稿