2011年11月4日金曜日

焼庭



午後、畑から家に戻ってくると、家のほうで煙が。近づいてみると、庭が燃えていました。といっても、こっちの田舎の庭は広いし、昨日トラクターで雑草刈りをしてたので、「ああ、刈った雑草を燃やしてるんだな」と思いました。なので安心して、温暖化や焼畑について考えながら、ゆっくり歩いてました。しかし、家のすぐそばまで来ると、若干、家主の弟とその奥さんが焦って、水撒いてるじゃないですか。どうやら、家主かその弟が雑草の処理をしようとして火をつけたところ、広がってしまった様子。そこで、あわてて消化活動に自分も参加。煙が半端なく、あやうく自分のバイクと洗濯した服がオンファイヤーになるところでしたが、なんとか鎮火。

 今朝、うちの猫は昨日刈られてしまった茂みを寂しそうに眺めていましたが、さらに火事で、その跡を眺める背中が、まるで跡形もなく遊び場を壊された子供のようでした。そして、振り返って、何が起こったのか尋ねるようにしてこちらを眺める。おら、知らん。ちなみに、その猫、ねずみよけという機能のためだけにうちの人は飼っているので、名前がありません。餌は与えられていますが。

0 件のコメント:

コメントを投稿