2011年9月29日木曜日

村の価値観


自分が住んでいる村は国道から離れていて、収入源が少ないので、赴任当初はとにかく収入源を増やそうという視点で活動を始めた。そして村の人と話をしていく中で、農畜産物を自家消費用に育て、余ったものを販売する、という人々が多いことに気付いた。「だって、売り過ぎて、自分たちの食べる分がなくなっちゃったら意味ないじゃん。」、という近所のおじいちゃんの言葉に、「うん、うん。その通りだね!」と答えながらも、(とりあえず金あれば、もっといろいろ買えるじゃん)、と思っていた。所得を増やす事によって金銭的な自由を確保する事を望むことが、多かれ少なかれ当たり前であると考えていた自分には理解しづらかった。

もちろん、教育や医療など現金は必要だけど、ともに生活していく中で、現金という物差しだけで豊かさというものを測るのではなく、自分で自分の人生を選択する自由を確保できるか、という尺度が重要であると感じた。政治に参加できるか、医療を受けられるか、必要な情報へのアクセスが可能か、など、それらを総合的に考慮して、評価する必要性を感じた。

例えば、セーフティネットの観点で、社会保障は乏しいが、事故で急に医療費が必要になった村人がいると、周囲の人間がサッカー大会を開いて、参加費という形で共同でお金を提供する。アメリカなんかではあるが、自分が日本に住んでいた時はまず聞いたことがない。ちなみに上のような活動は英語でfund raisingといい、日本語訳は募金に当たるようだが、いわゆる募金とは違うでしょ。募金って、街頭とかに立って、○○の理由でお金必要なんで、お金下さいみたいな。それはそれでいいと思うけど、何かを企画して、収益金を寄付って、一般人のレベルであまりやらなくないかな。

というわけで、発展する必要性は感じるが、経済的な脆弱性という意味では、都市部に住む低所得層よりも穏やかな生活をしている。

2011年9月12日月曜日

911

おそらく世界中どの国にいても、2011年9月11日がアメリカ同時多発テロから10年、という報道を見かけるだろう。 2001年9月11日、最初の飛行機が突っ込んだ時、数千キロ離れてはいたが、同じアメリカにいた。一機目が突っ込んだ時にはまだ家に居て、家の人から声をかけられて、テレビを見る。ワールドトレードセンターに飛行機が突っ込み煙がたっていた。ものすごいことではあるのは頭では分かっていたが、あまりにも唐突過ぎて、実感がわかなかった。やがて授業の時間になり、大学に行く。クラスでは、始業の時間に教授が来たが、その日のクラスはキャンセルになった。その後はあまり覚えていないけど、どうしようもないので、とりあえず図書館で勉強していたように思う。 結果として、計4機がハイジャックされ、世界貿易センターに2機、国防省本庁舎に1機激突し、残りの1機は墜落した。そして、崩れないように設計された世界貿易センターは、衝突した飛行機の爆発とその影響によって、全壊した。 アメリカだけでなく世界を震撼させた事件は、アメリカ政府により、アルカイダの仕業であると断定される。そして、その後、アルカイダの指導者であるオサマ・ビン・ラディンがいるとされるアフガニスタンを攻撃。テロとは直接関係ないが、その後、アメリカは大量破壊兵器を持つとして、悪の枢軸の一国としてイラクを非難し、国連の決議なしで、イラク戦争へと踏み込む。 ブッシュ大統領の支持率が911を経て急回復したように、アメリカ国内は対テロという構図の戦争に賛成の意見が大半だった。そして、アメリカの国旗があちらこちらに翻った。一方で街角で少数ながら反戦運動をしている人もいた。 戦争が長引き、自爆テロが相次いだ事もあるのか、サンフランシスコ周辺地区では、戦争に反対している人の方が多かったように思います。一方で、アメリカで99年~2000年にかけて初めてお世話になった南部のホストファミリーの、自分より1歳年下の息子は、陸軍としてイラクのバクダット近郊の町に駐在していた。駐在中に一度メッセンジャーで話したけど、常に狙われているし、狙わなきゃいけないという環境からか、考え方が狂っているように感じた。

2011年9月2日金曜日

金と正義

以前書きましたが、村内の住んでいる家の近くの林が放火されました。原因はというと、最近、その隣りに商業目的で土地を買った都市部に住む外国人。偏見を生むのでここでは何人かは伏せますが、数ヘクタール(1ヘクタール:100m x 100m)購入し、実際に測ってみると、登記上の面積よりも1,2ヘクタール少なかったんです。そこで、その隣りの土地を確保しようと放火した可能性が極めて高いとのこと。いつだか知りませんが、登記するために土地を計測したのはずいぶんと昔で、その頃は測量の技術が発達していなかったのと、おそらく測量の正確さを確認する仕組みすらなかったと思うので、登記上の面積と実際の面積が違う事は多々あることのようです。 もちろん、放火された側としては、そんなことで勝手に自分の土地を持っていかれても困る。かといって、証拠もないので民事責任を問うこともできない。そこで、知り合いの弁護士に相談。まず、測量士が来て、問題の土地の周辺を測量。そして、法的な解釈に沿って問題を解決する意向の様子。 普通に考えれば、その外人が悪いに決まってんじゃん、となりますが、万が一相手が法廷で争う姿勢になった場合、村の人はかなり不利になるでしょう。なぜならばきっと相手の方が金を持っているから。当然、相手側の弁護士は勝算を見込んで法廷に持ち込む事を決定します。そして、法廷に持ち込まれた場合、普通、より質の高い弁護士側が勝つ。そして、弁護士の質は通常、弁護料に比例する。法律の事はよく分かりませんが、法律の解釈は様々で、どうやって自分の有利になる解釈を利用して、理論武装するかにかかると思う。それがうまいほうが勝つ。だからマイケルジャクソンも高い金払って、いい弁護士をやとったでしょう。そういう意味では、金なんです。