2012年9月22日土曜日

ロンドン到着


ロンドン到着しました。フライトは12時間弱で、久々に通路側が取れず、若干不便でしたが、日本-パラグアイの40時間弱の移動時間を経験してしまったので、気分的には国内移動みたいなもんでした(笑)

Heathrow空港の入国審査で学生用の入国審査の列があり、なかなか進まず1時間以上待ちました。そして荷物をピックアップして、ルームメートが迎えに来ることになっていましたが、飛行機到着から1時間半以上経っていたので、もしかしたら居ないかもと思っていましたが、むこうもやっている研究の実験にてこずり、自分がゲートを出たのとほぼ同時くらいに到着したので結果オーライでした。大学時代の友人で、自分が日本で働いていた時に遊びに来たことがあり、たまたまロンドンで学生やっててシェアすることになりました。すでにロンドンに2年いるので、契約前にアパートをチェックしに行ってもらったり、ロンドンのことを教えてもらったりして、かなり助かってます。


さて、せっかくロンドンに来たのでとりあえず気づいたことを羅列します。きっと4,5日も経てば新鮮さもなくなるだろうし。
・すでに寒い(最低気温が一桁)。
・前評判どおり曇天。
・円高のせいもあると思うが、思っていたよりは物価が安い。昼食3-5ポンド程度。特にバー(平均20-25ポンドくらいらしい)が東京(3000-5000円/軒くらいしませんか)と比べると安いらしい。
・都市部だからだろうけど、いろんな人種の人がいて、いろんな言葉を話している。南アジア、アラブ、アフリカ系の方々が多い。
・花金は6時くらいからバーがサラリーマンでいっぱい(小雨降ってるのに、大勢、外にあふれて立ち飲み:上の写真)。
・格安携帯電話が破格(simカード付き、10ポンドチャージで本体価格8ポンド弱)。おそらく地元の人はこんな安い携帯電話は買わないんだろうけど。
・スーパーにセルフサービスのレジがある。
・道がくねくねしていて、知っている道を外れて小道に入ると、迷いやすい。自分の方向感覚の問題か。
・きゅうりの長さが50cmくらい。
・スーパーのプライベートブランドが安すぎて逆に怖い

あとは、為替手数料を抑えるためにトラベラーズチェックを持っていきましたが、ネット上の口コミでは空港のアメックスは手数料なしと書かれていましたが、実際は1%でした。しかもLloyds銀行で手数料かからない、というアメックスのおっさんを信じて、Lloyds行きましたが、Lloydsに口座を持っていないと換金できないらしい。そして街中の大きなスーパーですら使えなかったので、郵便局ですべて現金化。

とそんな感じです。総合的な感想は、望めば何でも手に入りそうな環境なので、勉強とバランスをとりながらも時間をうまく使って、いろいろな可能性を追求したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿