2012年10月29日月曜日

アクティブ・ラーニング

前期3週間が終わりました。前期のほぼ3分の1が終わり、みんな疲れてきたので、クラスメイト6,7人で構内のバーに飲みに行きました。最近クラスメートと話しているとよく、「このクラスは意味あるのか?」という疑問(不満?)を聞きます。

社会政策と開発のコア概念というクラスですが、文字通り概念・理論の話が中心です。特に就業経験がある生徒は、その現実から一歩離れた一般化された概念にかなり不満を感じるようです。

自分は、現場にしばらくいたので、概念や理論も学びたいわけですが、それにしても、事例はリーディングに出てくる程度で、授業はいたって概念一辺倒。

それはそれでいいとして、2つの質問が浮かんできます。まず、20週間という短い期間で果たして十分に学べるのか?そして、学んだことをキャリアに活かせるのか?ということ。これらを考えるとかなり不安になってきます。

そこで、それらの疑問を少しでも解消させるために考えました。まず1つ目が、こうなったら自分でも勉強するしかない、ということ。LSEはオンラインのシステム上にほとんどのクラスのレクチャーのパワポがあり、そして、ありとあらゆる学術雑誌や本へのアクセスができるようになっている。なので、登録しているクラスほどではないにしても、息抜き(になるのか?)にほかのクラスの教材をチェックしています。特に、より実用的なクラスのものを。

そして、もうひとつが、似たようなものですが、概念・理論を実践に応用させるために、追加でリーディングをしたり、パブリックレクチャー(外部から有識者を呼んでプレゼンをする)を積極的に聴講しにいこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿