2012年2月27日月曜日

お引越し

今日は日曜日。ここのところ雨が続いていて、久々に晴れました。そういえば、ここ5日間、一銭たりとも使ってないなぁ。食料の在庫が尽きてきたなぁ。うちの猫も毎日牛乳が餌で食が進まないなぁ。そういえば、そろそろ回虫駆除の飲み薬2回目あげなきゃなぁ、明日は買い物にでも行こうかなぁ、と考えながら、縁側でPCを使っていました。

すると、どこからともなく、異様な音が。何かが大量に飛んでいる。目の前に広がるキャッサバ畑に異常なし。しかし、尋常じゃない音が近づいてくるので、立ち上がって、空を見上げました。すると、円を描くように飛んでいるじゃないですか、蜂が。しかも、数千匹はいるじゃないですか。一方で、見下げると、自分は暑さのため上半身は裸で、下はサッカーパンツといういでたち。守備力は1。ドラクエでも最初、布の服くらい着てるのに。これは襲われたらやばい。こ、殺される!まだ結婚式の祝電まだ打ってないのに!!日本に帰って焼き秋刀魚をポン酢と大根おろしで食べたいのに!!!ぼ、ぼくはおにぎりがたべたいんだな。




2012年2月24日金曜日

留年


橋本知事が教育水準に達しない子供を留年させることを推進している。基本的には反対だ。

橋本知事の議論を言い換えると、「留年させて分かるまで教えれば、目標の学力レベルに達することができる」ということになる。果たしてそうだろうか。留年したところで、勉強が大嫌いな生徒にとっては同じこと。親が厳しかったり、他の生徒に遅れを取るのが嫌で、必死に勉強する意識のある生徒は、そもそも留年させるシステムがなくても、強迫観念で勉強し、平均点くらいは取れていると思う。むしろそうでない生徒が留年の対象になるわけで、ますます学校が嫌になって、速攻で学校辞めるでしょ。

就職する際に、多くの企業で書類選考で最終学歴で振り分けるのは確かだ。単に教育レベル=仕事の質、ということはないが、教育のレベルと、社会人として必要な自己管理能力にはある程度の相関関係がある。そして、日本の一端雇用すると社員をクビにするのが難しい法律の下、雇用する企業も慎重にならざるを得ない。だから、多くの応募者を、限られた情報でふるいにかけているわけである。もちろんそうでない企業も多いし、社会で活躍する上で教育のレベルというのは直接的には関係ない。そして、多種多様な職業がある中で、子供の頃から学業という一つの物差しで、子供を評価し、それによって進級を遅れさせるというのはどうかと思う。最終的に自分が好きなものを見つけて、それでメシを食えるレベルになれればそれでいいでしょ。むしろ闇雲に勉強するよりも、それを見つけることの方が大事では。

2012年2月6日月曜日

活動とはpart2

前回のブログでいろいろ書いたけど、そんなの分かっているけど、現実はそんなにうまく事が運ばない。それぞれの段階でいろんな障害がある。たいていの場合、ボランティアが自分自身のネガティブな精神状況と向き合って乗り越えられるか、ということにかかっていると思う。


まず、「慣れる」という段階で、
・(経済的な意味での)生活水準・住環境
・衛生状況
・(言語を含む)価値観の違う人々とのコミュニケーション
・食事
が例としてある。元々こういう事が起こりうることは想定内だろうが、実際に直面してみると、負荷がかかる。郷に入りては郷に従え、というのが模範解答だろうが、そんなことを言っても耐えられないのであれば、ホストファミリー、配属先、カウンターパート、JICAとうまくコミュニケーションをとって、改善をしたほうがいい。

次に、調査
・問題が見つからない
・現地の人は困っていない
・実現不可能なニーズばかり挙がる
・現地の人々の仕事に対するモチベーションが低い
・対象地区が広すぎて、カバーしきれない
・そもそも質問しても、求めている答えが返ってこない
など。

整理
・利用可能なリソースが少なすぎて途方にくれる
・背景が違い
(利用可能リソースと問題・ニーズの照らし合わせ、自身の知識・経験のたな卸し)
プロジェクトの立案
計画、下準備(手順確認、タイムラインの作成、関係者への呼びかけ・調整)
実行
評価(振り返り、反省、新たな問題の 整理、それに対する解決策)

2012年2月4日土曜日

活動とは





なんとインドで利用しまくっていたオートリキシャがパラグアイで販売されていました。乗る人いるのかな。


さて、今週の仕事が一段落したのと、体調が悪いので今日は家で静養。そこで、協力隊の活動に関して考えてみた。一般的に言って、現地に入ると、多かれ少なかれ悩む。言語以前にコミュニケーションが取れない、習慣・考え方の違いが理解できない、水・電気が不安定などなど。これらは、時間が経つとともに慣れてきて、徐々に解決されると思う。加えて、仕事として何をしたらいいか分からない。この悩みが大きいと思う。数週間の人もいれば、数ヶ月これに悩むボランティアも少なくないと思う。

そこで、活動を細分化してみた。まず大きく分けて3つ:
1.資本導入
2.外部とのコーディネーション
3.啓発