2012年5月31日木曜日

マイクロファイナンス

マイクロファイナンスという言葉が、広く世間に知れ渡るようになったきっかけは、2006年にグラミン銀行の創設者であるムハマド・ユヌス氏がノーベル平和賞を受賞したことだろう。今では、BOPビジネスモデルの典型的な例として頻繁に引用される。

ノーベル賞を受賞するくらいだから、さぞかしいい事業なのだろう、と思われがちだが、他の金融と比較して、貧困緩和という目的を掲げる以外は、高利貸しとあまり変わらない。実際に2007年ごろからマイクロファインス業者が増え始め、多額の利益を生み出すビジネスとして変貌を遂げた。多額の利益を上げることは、事業の継続性を考えたときにそれ自体には問題はないが、貧困緩和というそもそもの目的が忘れられてしまっては、マイクロファイナンスとはいえない。インドのアーンドラ・プラデッシュ州では、2010年にマイクロファイナンスによる借金を理由に70人が自殺を図った

では、マイクロファイナンス事業で何が必要なのだろうか。経験上、金、人、ビジネスノウハウ、だと思う。金というのは言うまでもなく、事業を始める、または運営するのに必要な資本である。人に関しては、グループを形成し、その中に、向上心の強い人、好奇心の強い人、仕事が丁寧な人、人前で話のできる人、などが必要だ。そして、そのグループの大部分に必要なのが個人の信頼性。信頼性がないと駄目。


BOP市場の開拓で「起業家精神」を掘り起こす4つの変革(http://diamond.jp/articles/-/16725)では、必要な変革として、
①個人起業家の果たすインパクトを再認識
②コミュニティ全体を巻き込み価値観を変える
③最初のロールモデルと後継者を作り出す
④ソーシャルマーケティングを内包できるビジネス
とある。

2012年5月17日木曜日

原爆


先日、2つの小・中学校で同じ配属先のボランティアと原爆のプログラムを行いました。日本だと、広島・長崎への原爆投下は、歴史上最も重要な出来事の一つです。一方で、アメリカの歴史の授業(少なくとも自分がアメリカの高校で受けたアメリカ史の授業)では、単なる歴史上の一つの出来事として、簡単に触れられる程度。パラグアイでは、一般的に大人は広島と長崎に原爆が落とされたことぐらいは知っています。子供たちは原爆をほとんど知りませんでしたが、今回の原爆のプログラムは、原爆をきっかけとして戦争の悲惨さを伝え、平和に関して考える機会を作る、ということが目的でした。

2012年5月8日火曜日

相撲



先週末、市街地の中学校で行われた子供の日のイベントの一貫で、相撲トーナメントがあり、教師チームの助っ人で参加してきました。相手は中学生。ですが、中学生でも既にいかついやつはいかついです。そして、行ってみると、なぜか大将にされてる・・・。中学生の西軍、東軍の大将は、全パラグアイ相撲大会の準青年の部(?)の優勝者と準優勝者。普段から練習しているようです。こっちは、生まれて初めてまわしを締めるのに。

初戦は、立会いに失敗して、秒殺されました。というよりは、踏ん張ったところで、バランスを崩して自分から膝をついてしまいました。2戦目はその反省を踏まえて、冷静にまわしをとりました。よし、ここから背負い投げで、と思っても、まったく動きません。足払いも通用しません。そうこうしている間に、もう前に寄り切る力もなくなりました。必死に守るも、最後は土俵際でせめぎあいになって、相手に乗られたまま土俵の下へダイビング。結局、2敗でした。超真剣にやり、完敗。そして、組み合い後、自分は、「1週間ぐらい練習すれば勝てる!」と負け惜しみを言い続け、全く大人気ない大人振りでしたが、中学生は笑顔で握手しに来てくれました(笑)。

2012年5月3日木曜日

ここ掘れ井戸


自分は直接関係ありませんが、JICAの支援により、村に公共の深井戸が掘られ、現在水量を確認中です。

4度目の正直です。というのも、自分が赴任する前に国内のダムを建設・運営する公社の支援により、初めて公共の井戸が掘られました。200メートル以上掘り、貯槽を設置し、上水道設備も設置し、落成式を経て、いざ水を使用し始めると、水量が足らず、結局ほとんど使わずに終わりました。