2014年5月30日金曜日

アブハジアにてデモ隊により自治政府大統領府を占拠

一昨日、グルジア国内のアブハジア自治共和国にて、野党率いる少なくとも千人のデモ隊により自治政府の大統領府が占拠された。根強い汚職と政府の悪政に対して不満を持った勢力が与党と交渉するためにデモが行われたといわれている。また、ロシアへの依存状態を批判する声も上がっている。

そもそもアブハジア自治共和国とはどういう場所なのか。オリンピックの行われたソチから40キロほど南に行ったところにあり、黒海に隣接している。1991年にグルジアがロシアから独立した前後から、アブハジアもロシアからだけでなく、グルジアからも独立する動きが出ていた。1992-93年にはグルジアと戦争をしていて、多くのグルジア系難民が流出した。2008年にもう一つの自治共和国である南オセチアがロシアの援護を受け、グルジアと戦争した後、ロシアはアブハジアを独立国家として認めることを発表した。一方で、国際的にはほとんどの国が独立を認識しておらず、一部の国を除き、グルジアの一部として捉えている。しかしながら、グルジアの司法・立法・行政が及ばない独立した自治政府があり、実質独立状態にあるといっても過言ではない。

人口は20万人前後と言われていて、経済的な発展もグルジアと比較しても遅れている。政府のガバナンスのキャパシティも限られているので、公共サービスが末端まで行き届かなかったり、人権侵害が問題になったりしている。

今のところは政府社屋の窓が割られる程度で、暴力行為には発展していないようだが、暴力に発展するようなことがあれば、政府をバックアップしているロシア軍が介入する可能性もなくはない。また、そうでなくても脱ロシア依存の方向へ舵を切れば、ロシアが黙っていることはないだろう。直接的には介入しづらいだろうが、様々な方法で、足並みを乱すことは可能である。しかし、実際のところ、経済、政治、軍事の側面で、ロシアへの依存状態から抜け出すことは難しいので、これも可能性は少ないと思う。

今回のデモの直接的な原因となったガバナンスの問題は様々なテコ入れが必要なので、トップが替わったとしても、大きく変わるということは残念ながら考えずらいだろうが、人々の不満がこのような形で表面化したので、デモが沈静化したとしても、行政の透明性を向上させる努力が必要である。

ソース:
http://www.reuters.com/article/2014/05/27/us-georgia-abkhazia-idUSKBN0E726B20140527
http://www.civil.ge/eng/article.php?id=27273

0 件のコメント:

コメントを投稿