2014年5月30日金曜日

アブハジアにてデモ隊により自治政府大統領府を占拠

一昨日、グルジア国内のアブハジア自治共和国にて、野党率いる少なくとも千人のデモ隊により自治政府の大統領府が占拠された。根強い汚職と政府の悪政に対して不満を持った勢力が与党と交渉するためにデモが行われたといわれている。また、ロシアへの依存状態を批判する声も上がっている。

そもそもアブハジア自治共和国とはどういう場所なのか。オリンピックの行われたソチから40キロほど南に行ったところにあり、黒海に隣接している。1991年にグルジアがロシアから独立した前後から、アブハジアもロシアからだけでなく、グルジアからも独立する動きが出ていた。1992-93年にはグルジアと戦争をしていて、多くのグルジア系難民が流出した。2008年にもう一つの自治共和国である南オセチアがロシアの援護を受け、グルジアと戦争した後、ロシアはアブハジアを独立国家として認めることを発表した。一方で、国際的にはほとんどの国が独立を認識しておらず、一部の国を除き、グルジアの一部として捉えている。しかしながら、グルジアの司法・立法・行政が及ばない独立した自治政府があり、実質独立状態にあるといっても過言ではない。

人口は20万人前後と言われていて、経済的な発展もグルジアと比較しても遅れている。政府のガバナンスのキャパシティも限られているので、公共サービスが末端まで行き届かなかったり、人権侵害が問題になったりしている。

今のところは政府社屋の窓が割られる程度で、暴力行為には発展していないようだが、暴力に発展するようなことがあれば、政府をバックアップしているロシア軍が介入する可能性もなくはない。また、そうでなくても脱ロシア依存の方向へ舵を切れば、ロシアが黙っていることはないだろう。直接的には介入しづらいだろうが、様々な方法で、足並みを乱すことは可能である。しかし、実際のところ、経済、政治、軍事の側面で、ロシアへの依存状態から抜け出すことは難しいので、これも可能性は少ないと思う。

今回のデモの直接的な原因となったガバナンスの問題は様々なテコ入れが必要なので、トップが替わったとしても、大きく変わるということは残念ながら考えずらいだろうが、人々の不満がこのような形で表面化したので、デモが沈静化したとしても、行政の透明性を向上させる努力が必要である。

ソース:
http://www.reuters.com/article/2014/05/27/us-georgia-abkhazia-idUSKBN0E726B20140527
http://www.civil.ge/eng/article.php?id=27273

2014年5月23日金曜日

約1ヶ月


グルジアに来てからほぼ4週間が経ちました。といっても、先週1週間はまるまるニューヨークに研修で行っていたので、実質3週間というところでしょうか。通常、事務処理でバタバタするようですが、こちらのスタッフのおかげで、銀行口座開設、給与受け取りといったようなことも驚くほどスムーズにいっています。アパートも到着の翌々日には決め、その数日後には入居しました。週末の過ごし方はまだまだ開拓の余地ありですが、とりあえずは落ち着いています。


肝心の仕事の方は、専門内外のことに触れながら、細かい業務をこなし、徐々にメインの仕事をやっていくことになりそうです。とりあえずは、上司が不在の間に、1年間の予定を立て、それを上司が帰ってきたらすり合わせをし、その計画をベースに外回りしながら業務を組み立てていくことになります。それは、事務所の計画に沿ってシステマチックに取り組むわけですが、グルジアの文脈と専門分野に精通してきたら、より創造的なアイデアをベースにさらなる仕事を作れたらと思います。与えられた時間に限りはあるわけですが、焦らず着実に足場を築いていきたいと思います。


2014年5月9日金曜日

公共機関


グルジアの首都トビリシは、タクシーを含む交通機関が安いわけですが、土地勘をつかむためにも、週末移動するときはバスを使っています。バスは一律約25円。乗るときにパスモのようなカードをかざして、お金を払うわけです。運転手の隣にその機械があるわけではないので、かなり頻繁に見回りの人が乗りこみ、ちゃんとみんな払っているか確認します。無賃乗車に対して、抑止力を働かせるためだと思うんですが、あまりその意味がない・・・。というのも、見回りの人は、それとわかるようにベストを着ていて、その人が乗り込んでくると、ようやく切符を買いに行く人がたくさん。さらには、その見回りの人に話しかけられてから乗車券を買う人も。それでも、罰金を払わせるわけではないので、結局、抑止力につながらない。他の国みたいに買ってない人は即罰金にすれば、見回りの頻度も減らせて、見回りする人の数も減らせてコストダウンにつながるのでは、と思いますが、もしかしたらそのあたりは社会主義の名残りが残っていて、効率よりも雇用を保つことのほうが大事なのかもしれません。グルジアの失業率は公式には15%ですが、一般の人は20%を越えると思っているらしいので。

2014年5月1日木曜日

グルジア

グルジアの首都トビリシに到着しました。印象としては、
・たいてい店に一人は英語が話せる人がいる(たぶん首都だから)
・車の運転が荒い
・まだ肌寒い
・日本人の感覚からすると、見た感じ古びた建物が多い(必ずしも実際に古いわけではないらしい)
・喫煙率比較的高い(女性も多い)
・雨降ってもあまり傘ささない
・Wifiがかなり普及している
・柔道と、意外にも相撲はけっこう人気らしい
・日本に対してはいい印象

それはいいとして、肝心の仕事の方ですが、(低)中所得国なので、今まで自分が働いてきた国よりは比較的経済的には豊か。政府が政策を実行するキャパシティもあるという認識のようなので、プロジェクトマネジメントはほとんどなく、政策に関する仕事がほとんどのようです。

一方で、国としての背景は、主に2つあると考えられる。2003年のバラ革命以降、比較的順調な経済成長を果たしているが、その一方で、その経済成長の貧困層削減へ寄与がきわめて限定的である。それは自由主義的な市場経済を推し進めた副産物であるとも考えられ、それもあり2012年に03年から続いたサーカシュヴィリ政権が陥落した(ロシアを敵対視し、それによる市民生活への負の影響が大きかったことも大きな要因の一つだが)。よって、新政権は、自由主義経済一辺倒の政策を改め、社会政策の改革に乗り出した。

また、グルジア政府は欧州寄りのスタンスをとっていて、ゆくゆくはEUやNATOへ加盟することを目指している。一方で、そのためには改善しなければならない要因があり、その中の一つに人権問題に着手するということが挙げられる。それは国の司法制度の透明性や、法の執行力、脆弱な人々の権利などあり、自分が関わる部分としては、子供の権利、特に子供の貧困を包括的に削減することにある。

そういった背景の中で、社会政策改革に乗り出したわけだが、その改革を素早く推し進めようとしているために、その検証が不十分な場合が多いようだ。そこで、新しい政策を導入する段階で、国際機関が他国の事例やエビデンスを基に提言をしたり、場合によってはM&Eを行ったりする。いずれにしてもいろいろなステークホルダーからヒアリングを行って、行動していきたいと思います。